徒然草

ふと思ったことを勢いで綴ります

看護学生になった(前編)

ブログを書くのは何年振りであろうか。

 

久しぶりにのぞいてみると、意外にも今日も見てくださっていることに驚いている。

また、社畜がどうのと言っていた3年前の自分の記事を見て初々しさすら感じる

多分当時のじぶんが見たらビックリだろうが、看護学生になってます。ええ、しかも今実習直前です。事前学習終わりません。大ピンチです。ブログ書いてる場合じゃねえ。

 

この3年で何があったのか。備忘録的に書いておきます。

 

高校卒業後、無事社会人として働いていた。だが多い。残業が多い。定時は18時なのだが、それを鼻で笑うかのように仕事が舞い込んでくる。

こんなんおわらんやーーん????と叫びながら頑張る新卒君(自分)。今思えばまあ微笑ましいもんである。

 

そんなこんなで奮闘していた6月ごろ。部長からお呼ばれし、部署を急に変えられた。

見たことないイカツイ機械にビビる自分。なんとまともに扱える人がいないらしく、前任の人が倒れちゃったそうなのだ。

なんじゃそりゃ?まあ面白そうだからいっかと、持ち前の能天気さを発揮して作業に従事し始めた。

 

機械があるのはカーテンで仕切られた個室である。(板を切ったときの粉塵がすごい)

ここでぽつんと一人で作業するのであるが、私は一人になってはいけなかったようだ。何かのスイッチが入り、哲学的思考に陥り始めた。なぜここにいるのか?そもそも私とはなんなのか?目の前にあるものは実在しているのか?と。

考えなくてもできるルーティーンワークをされてる方なら首がもげるほどうなずいてくれると思うのだが、頭がこうなるのだ。いやマジで。

ニーチェソクラテスも名前くらいしか知らなかったのに、感覚器官を通してでしか世界は見ることはできない。つまり世界は私の頭の中で作られたイマジネーションである(表象されたというのか?)とか、自由とは自分の満足が自分の律された条件の中で行為されて生じる場合にのみなれる。とか多分知識のある方からすると多分よくわからない突っ込みどころの多い考えを持つようになった。

その中でどうも自分は他人に貢献することが好きで、誇りをもった仕事だと思っていることに気がつく。(遅) 憶測ではあるが、当時はメサイアコンプレックスがあったと思われる。メサイアコンプレックスは、自分に自信がないもんだから、他人の承認を餌に自信をもらうやつで、病的になると、他人を貶めて救うことによって承認を得るというまあまあやばい精神状態である。救済願望みたいなのかな。看護師なら、仕事しながら自動的に承認が得られるため、援助職に就く人はこういう傾向にある人も多いと聞いた。

とまあこんな感じで就職もできる。人にも貢献できる。生活そのものに対する学も増える。と、メリットしかないので、看護師になろうと決めた。メサイアコンプレックスは、、、まあ自覚して気を付けよう。と決めた。私は昔から、決めたら行動は早い。

 

こうして仕事を辞めることを決断し、12月ごろ、上司に相談した。4月に辞めることにし、入ってくる後輩の教育(私はこの言葉があまり好きではないが。)、この機械のマニュアル作成に取り掛かり始めた。新卒一年目で会社で使える人がいなくなってしまった機械のマニュアル書くの面白すぎませんか?(しかも手書き)楽しかったので良いですが。

 

その後行きたい学校を決め、受験勉強を始めた。だがいかんせんアホなので、英語は三単現のSが分からない、英単語のinterested(興味がある)すらもわからないという壊滅っぷり。数学も因数分解のやり方は空のかなた。生物もやったかすら怪しい。地学?そんな教科あるの?という状況だった。よく挑んだと思うしそんな無知だったのも今となっては恥ずかしい。ミスドでドーナツをほおばりながらずっと勉強していた。カフェオレおいしいですよね。

 

そして4月、辞めた。人は最高に良かった会社だったので、「君ならどこへ行っても大丈夫」や「注射してもらうわ」などとありがたい言葉をたくさんもらった。お相撲さんが団子で重量挙げしている絵があつらえられた謎のTシャツなんかももらった。

 

続く

一人暮らし

春らしい気候が一向に訪れない

 

桜たちの悲鳴が耳に響くようである

とにかく寒い。凍えるほど、ではなくなったのではあるが。。。

 

 

さて、みなさんは4月いかがお過ごしだろうか

 

新生活を始めた方も多いのではなかろうか。

素敵な出会いに胸をときめかす中学生高校生諸君も、はたまた大学生の方もいるかもしれない。これから働くというかたもいるかもしれない。

何を隠そう、筆者もその一人である。

 

社畜」という言葉が巷ではやっているが、まさにその仲間入りを果たした次第である(社畜という言葉はあまりいい意味でつかわれないのであるが)

 

その際に、一人暮らしも始めた

夢の一人暮らしに最初はうきうきだった。最初は。

 

料理を今までしてこなかった自分にできる料理といえば目玉焼きとか、うどんとかいう可愛いもんである

 

バイト時代の知識を総動員して、めちゃくちゃうまいお好み焼きを作ってもいいのだが焼くところがないので詰み。である(負け惜しみ)

 

それは昨日の晩の出来事であった

 

キャベツを一玉丸ごと買ったのはいかんかったなあと思いながら、一玉の4分の1をノープランで切り刻んだ。

 

切り終わった後、やべえこれどうしようなどと考えるのだからアホの称号は外せない

 

賢者になりつつある自分を制しつつ、とりあえずフライパンに油をしき、豚肉を焼き、ないよりはましと思い卵を投入

適当にかき混ぜつつ、切ったキャベツをすべて投げ入れた

 

調味料はなにをいれたのか詳しく覚えてないが、塩コショウと塩と醤油は確実にいれた

文字だけだとなんか料理の鉄人に見えないこともないが、できあがったのはよくわからない謎の物体xである

 

能面のような顔になりながら、ご飯をよそい、キムチをその上にかけた。保険をかけるような意味合いだったのだが、普通にキムチも物体xに入れればよかったなと思う

 

こうして出来上がった物体x。食べてみると意外といけそうなどと直前までは思ってたのだからタマラナイ。

肉はうまかった。肉は。

 

水分をふんだんに吸い込んだキャベツは生の味がした。

ここでいう生は、千切りの生とは少し違う。生というのが一番合う、そんな味なのだ。

 

必死食べ切った自分への教訓は、御料理は計画的に。だった。

 

一人暮らしをされてる皆さん、これから始める皆さんも、楽しい自炊ライフを送ってくださいね。

卒業で

<p>今週のお題「卒業」</p>

つい先日の3月1日。自分は卒業式を受けた。

まあ高校の卒業式で、最後になる卒業式であろうことが予測されるのだが、その日から15日あまり経った今も未だに卒業したという実感がわかない。

思えば中学高校ではなかった感情である。

高校3年間というおそらく人生で最も輝くであろう3年間を過ごした感想は、あっという間。だった。

ほんとにあっという間なのである。

卒業式を終えたであろうあなたも大きく同意してくれる人が多いだろうと思う。

また、終えてない現役学生の方々もちょうど年度の節目である今この時期にそれを感じるのではなかろうか。

というわけで3年間はとても輝かしい思い出ばかりで、、、と書いててつい涙が出そうになるわけだ。

卒業式で後輩からいろんなものをいただいた。

美術部に所属してた自分は一番好きなキャラである「イソベやん」というキャラの名前を美術部室で連呼してたので、その絵が描かれた紙を額縁に入れて、贈ってくれた。

正直とても嬉しかった。その時はほんとに顔が真っ赤で渡してくれた後輩たちの顔をしっかりと見れないくらいであった。

今思えばしっかりと見ておけばよかった。

そして何気にもう一つ卒業したものはバイトである。

高校時代にバイトをしてた人も多いのではないだろうか。

自分は2年生の頃から同じバイトをずっとしてきて、2月の半ばに任期満了のような気持ちでバイトを跡にした。

他にも旅立つ人がたくさんおり、その人たちのために送別会なども開かれ、これも一種の卒業式だなぁ。としみじみ思った。

メッセージカードなんかももらっちゃい、その場ではまた何も言えず顔も上げられなかった。可愛くない後輩だったと思う。

卒業式は節目であり、次につながる気持ちの切り替えの式でもあると思う。

自分もその次のステップへと気持ちを切り替え、時々高校時代を思い返しながらも頑張っていこうと思う。

ヨッシーストーリーというトラウマ

 

 

ここ最近非常に忙しい中、なにをトチ狂ったのかブログを書いてみたいと思ってしまった。

 

このまま勢いでゆるい記事を書いていくことにする自分の計画性のなさを恨みたいと思う。

 

 

さて、自分は昔からいろんなゲームをしてきたほうだと思うのだが最近はプレイ時間がめっきり減った。おっさんになったなあとしみじみ思うのだが、そんな若かりしころの思い出の一つにニンテンドー64で発売された「ヨッシーストーリー」というゲームがある。

このゲームは子供時代のクッパが、スーパー幸せのツリーというヨッシーの生きる意味たる木を取っ払い、生き残ったヨッシーベビーたちがこれを取り戻すという、まさに知る人ぞ知る名作といった感じのゲームなのだが、幼いころの自分にはこのゲームにどこか恐怖を感じていた。

 

このゲーム。とにかく雰囲気が怖いのだ。

 

やったことのある方なら今この記事をみて頷きまくってくれていると確信しているが、不気味という言葉が非常にあてはまる。

特にステージ2に登場するホネホネ龍という敵もそうだし、バックの背景や、ヨッシーがやられた時の演出気合いを入れすぎではないかと思う。(別の方向に)

 

ヨッシーがやられたときヘイホーがやってきて、を流すヨッシーを誘拐して怪しげな城に連れていき幽閉するのである。

当時保育園児の自分には十分すぎるトラウマである。

 

結果全クリした覚えはなく、親がプレイするのを横で見るということになったのだった。

 

そんなこのゲームでも唯一の癒し係として、ヨッシーとポチという名前の(なんともストレートな名前だ)犬のキャラが登場する。

この作品のヨッシー子供だからなのか動きや声が可愛いのだ。

時間があるならいつまでも眺めてたい位のもんである。

 

そしてポチ。隠れたアイテムがある場所で吠え、知らせてくれるのだが、一緒に探すべく元気に走り回るその姿の可愛さは筆舌に尽くしがたい。(でも猫派

 

この二匹のキャラクターを見るためだけに買っても元は取れるだろうと思う。

 

 

そして最近は、その思い出たちを思い起こすべく(思い起こしてどーすんだって話だが)ニコニコ動画実況プレイなるものをみて、懐かしんでるのである。

 

ちなみにこのヨッシーストーリー、ストーリー上でのつながりはないが、スーパーファミコンで発売された「ヨッシーアイランド」の続編に位置付けられているとのこと。こちらなら結構知ってる方も多いのではなかろうかと思う。

 

wiiバーチャルコンソールでも配信されてたので、機会があればプレイしてみるのもまた一興ではなかろうか。